2018年11月30日

今月見かけたオオスカシバの幼虫ちゃん。

クチナシの葉に卵を産み付けるオオスカシバ。
先月ブログに載せたクチナシの植え込みのその後です。
11月16日、歩道に糞が散らばってマス。
フンが落ちてる辺りの枝を探すと、
幼虫ちゃんが一匹見つかりました。
11月27日。またまた歩道に糞が落ちてます。
枝には茶色い幼虫ちゃんが居ました。
オオスカシバの幼虫を見るのは、
今年は、この茶色い幼虫が最後かな・・・?
 
「オオスカシバ(大透翅蛾)」。
▲画像クリックでこの記事出マス。
「オオスカシバの幼虫」。
▲画像クリックでこの記事出マス。
これもオオスカシバの幼虫です。
▲画像クリックでカテゴリー「飼育−ガとか。」記事出マス。


オオスカシバの幼虫にゃは!

posted by めばるちゃん at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ガの幼虫。

2018年11月24日

消えたアゲハの幼虫ちゃん達。

今年バルコニーの柑橘類の鉢植えでは、
一度に十数匹のアゲハの幼虫が3回くらい誕生しました。
今年、終齢幼虫まで育ったのはこの一匹だけです。
幼虫ちゃん達、このくらい迄は育ちますが、
このくらい迄育つと幼虫の姿が消えマス。
バルコニーの鉢植えにを訪れたアシナガバチ。
こやつが訪れるようになると幼虫が居なくなりマス。
団子をくわえて巣に戻ってきたハチちゃん。
幼虫の居る穴に団子を入れる様です。
ヘクソカズラの葉で団子を作ってたハチちゃん。
ここではホウジャク幼虫ちゃんが犠牲に。
幼虫を持ち去るハチちゃん。
このハチはそのまんま幼虫を持ち帰るみたいです。
スズメバチも体より大きい幼虫を抱えて飛んでる姿を見たことがあります。
アシナガバチは何故団子にして持ち帰るのだろう・・・?
運びやすいから?
それとも巣の構造の違い?
なんでやろ・・・?
エアコン室外機の上に置いてた植木鉢が、
台風20号の強風で落下、割れてしまいました。
この辺りは、21号より20号の方が風が強かったです。

アゲハの幼虫にゃは!

posted by めばるちゃん at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家のバルコニー。