2016年06月25日

ようちゅうには要注意。

壁に変わった蛾が居ると思って近づいてみると、
複数の交尾中のカップルでした。
交尾中のカップル。
▲「チャドクガ(チョウ目ドクガ科)」のメス。
前画像、焦げ茶色の方がオスみたいです。
今年も居たのですが、
これは昨年の9月に同じ壁で見たチャドクガの幼虫達です。
食草は、茶、サザンカ、ツバキ等のツバキ科植物の葉を食べ、
年2回発生するらしい。

チャドクガの幼虫は、
多数の微細な毒針毛を持ち、
触れると激しいかゆみに襲われ発疹ができるそうです。
卵、蛹、脱皮した抜殻、成虫でも刺傷被害があるらしいので、
素手では触れないように注意が必要です。

「チャドクガ(茶毒蛾)」(鱗翅目ドクガ科)の幼虫。
▲画像クリックで過去の記事出現しマス。

チャドクガにゃん!

posted by めばるちゃん at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 蛾。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175821676
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック