2020年07月11日

「ツタ(蔦)の花」。

今年は撮るぞーと思ってたツタの花を、
やっと撮ることが出来ました。
これが蔦の花です。
5本の雄しべと花弁があります。
蔦の花言葉は
「永遠の愛」と「結婚」だそうです。
名前の由来は「つたって」伸びる事からツタらしいです。
なかなか花が開花した状態のツタを見ることが出来ないと思ってたら、
理由が解りました。
雄しべと花弁は数時間で落ちてしまうらしいです。
だから中々開花状態の花を見ることが出来なかったみたいデス。
パラパラと音がするので、
何かと思ったら、
雄しべと花弁が落下して葉に当たる音でした。
この花は蜜を出す時間帯が決まっているらしく、
ミツバチは、それをご存知で、
その時間になると訪れるそうです。
ほんまかいナ?
撮ったのは、この石垣を覆うツタですが、
以前は蔦の花が咲く頃ここを通ると、
一週間くらいミツバチの翅の音がブンブン聞こえてました。
葉を持ち上げて覗くとミツバチがうじゃうじゃでした。
それが2009年のミツバチが減少した年から以降は、
全然翅の音を聞くことも無くなりました。
写真を撮ってる時も一匹ミツバチを見ただけです。
ミツバチちゃん達復活は無いのだろうか・・・?

ツタの花にゃん!

posted by めばるちゃん at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187686326
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック